読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウェイ遠征をしよう的なスタジアムガイド

アウェイサポーターが初めて行く時に少しでも参考になればと思って作りました。野球場も追加。

Shonan BMWスタジアム平塚

f:id:sanfreccecarp:20170325214248j:image

 

湘南ベルマーレのホームスタジアム。平塚公園の中にあり春先は桜がきれいに咲いているので花見をしている人も多い。スタジアム自体は老朽化が著しいがのんびり過ごすにはとても良い所。

 

アクセスは平塚駅から徒歩で25分ほど。歩くと少し距離があるので平塚駅から出ているバスを使っても良い。所要時間は10分ほど。歩くなら西口から降りた方が道も分かりやすく空いていておすすめ。コンビニも駅前にある。

 

メイン、バックは座席もあり陸上競技場の中では見やすい。ゴール裏は全て立ち見の上、傾斜もないので非常に見にくい。

 

ベルマーレの試合日は豊富なスタジアムグルメが展開されているので存分に楽しむと良い。一応再入場は可能だがその時間だと非常に混雑しているのでできれば開門前に向かいたい。

 f:id:sanfreccecarp:20170325214337j:image

f:id:sanfreccecarp:20170325215835j:image

 

札幌ドーム

f:id:sanfreccecarp:20170320094344j:image

コンサドーレ札幌北海道日本ハムファイターズのホームスタジアム。おそらく世界で唯一のサッカー兼野球専用スタジアム。サッカーの天然芝は普段は外で養生しており試合になるとそのままスライドさせて使用するという離れ業をやってのけている。

 

アクセスは地下鉄東豊線福住駅から徒歩で10分ほど。一本道なので迷うことはないだろう。新千歳空港から直接来る場合は札幌市内に向かうバスに乗れば行ける。15分おきに出ているので便利。

 

f:id:sanfreccecarp:20170320101003j:image

ドーム球場ということで完全に屋根に覆われていて雨の心配は全くない。さらにエアコンも完備されているので快適に過ごせる。座席は折りたたみ式でドリンクホルダー付きというまさに野球場。過ごしやすい気候で飲むサッポロクラシックはとても美味しい。

 

2002年の日韓ワールドカップに向けて作られたスタジアムなので内装も綺麗。スケール感があって北海道らしいスタジアム。

f:id:sanfreccecarp:20170320101104j:image

f:id:sanfreccecarp:20170320102054j:image

f:id:sanfreccecarp:20170320102108j:image

 

ミクニワールドスタジアム北九州

f:id:sanfreccecarp:20170312182755j:image

 

ギラヴァンツ北九州のホームスタジアム。それまで本拠地だった本城陸上競技場が老朽化、J1ライセンスを満たしていないなどの理由で新しく作られたサッカー専用スタジアム。スタンドからピッチはすぐそこ。典型的なイングランド式のスタジアムだ。

 

アクセスは小倉駅から徒歩10分はかからない。歩道橋を使えばスタジアムまで信号が一切ないというアクセスの良さ。また下の通りもかなり広いので多く入ってもそれほど混雑しない印象。

ただスタジアムでの導線はかなり悪いので注意。特にバックスタンドに行く際の道はかなり狭いので今後は改善を期待したい。待機列は南側に伸びているので国際会議場より手前から入った方が行きやすいと思う。

f:id:sanfreccecarp:20170313083118j:image

 

スタンドはバックスタンド以外は大きな屋根に覆われているので雨の日も濡れる心配はない。その上特に閉塞感もなくピッチの日当たりも十分なので芝の心配もなさそう(潮風が影響するかもしれないが…)。船のマストをイメージして作られているらしい。

f:id:sanfreccecarp:20170312215129j:imagef:id:sanfreccecarp:20170312215319j:image

 

恐らくこの規模のスタジアムでは最高クラスのスタジアム。海に隣接していて景色を見るだけでも楽しめる。本当に素晴らしいスタジアムができたものだ。

立地的にはフクアリに近く、スタジアム的にはNACK5の強化版と言えばその素晴らしさが伝わるだろうか。

 

f:id:sanfreccecarp:20170313081815j:image

f:id:sanfreccecarp:20170313081849j:image

f:id:sanfreccecarp:20170313081919j:image

 

 

 

 

 

パロマ瑞穂スタジアム

f:id:sanfreccecarp:20170226225323j:image

 
名古屋グランパスのホームスタジアム。グランパスはここと豊田スタジアムを併用している。
 
アクセスは名古屋駅から1本なら地下鉄瑞穂運動場西駅まで20分、そこから徒歩で10分くらいで着く。また途中で乗り換えて瑞穂運動場東駅で降りた方が近い。特にアウェイゴール裏に行くならこちらな方が便利。
 
座席はメインの一部を除けばベンチシートのみ。前後の間隔も狭いので観戦環境は良いとは言えない。
 
スタンドは1層式の陸上競技場。最近できた競技場と比べるとだいぶ手狭に感じる。ひと昔前の陸上競技場という感じだ。
 
f:id:sanfreccecarp:20170226225346j:image

日産スタジアム

f:id:sanfreccecarp:20170218170143j:image

 

横浜F・マリノスのホームスタジアム。日韓ワールドカップの決勝戦の舞台で現在もクラブワールドカップが日本で開催されるときは会場の1つとなっている。収容人数は72,000人と国内最大の競技場だ。横浜FCもたまに使用する。

 

アクセスはJR横浜線横浜市営地下鉄ブルーライン横浜駅から徒歩で15分ほど。JRで来る場合は新横浜の隣の小机駅の方が近く露店も出てはいるがコンビニはないので注意。

 

見やすさについては1階席は傾斜もなく見にくいことは否定できないが2回席は俯瞰してみるならば見やすい。2階席と言っても4階分登らないといけないのでしんどい。ただ見やすさ以外では前の方は濡れる物の屋根もかかっており座席はドリンクホルダー付きで悪くない。キャパだけは文句なしなので家族連れで行くには適しているのかもしれない。f:id:sanfreccecarp:20170218172520j:image

 

駒沢オリンピック公園陸上競技場

f:id:sanfreccecarp:20161230194309j:image

 
駒沢公園の中にある陸上競技場で東京ヴェルディがホームゲームで使用することがある。病院が近くにある影響で照明がJリーグの基準を満たしていない。
 
アクセスは東急田園都市線駒沢大学駅から徒歩10分ほど。また東横線都立大学駅自由が丘駅から徒歩で30分ほど。また上記の駅や渋谷からもバスが出ているので便利だ。東京医療センターで降りればすぐだ。
 
感覚としては国立競技場を小さくしたもので、座席なんかは全く同じである。すり鉢状なので陸上競技場にしては見やすいスタジアムであろう。
 
ヴェルディも味スタよりこっちをホームにした方がクラブの規模としてはいい運営ができそうなのだが基準を満たしていないので残念ながらそういうわけにはいかない。
 f:id:sanfreccecarp:20161230201309j:image

県立カシマサッカースタジアム

f:id:sanfreccecarp:20161224121638j:plain

鹿島アントラーズのホームスタジアム。作られた当初はもっと小さなスタジアムだったが日韓ワールドカップを機に巨大なスタジアムに改築された。

 

アクセスは鹿島サッカースタジアム駅からすぐ…とは言えこの駅に着くまで少し難儀。隣の鹿島神宮駅からあまり本数がないので計算が立たない。なので素直に東京駅から高速バスを使おう。所要時間は2時間。それなりに並ぶので早めに行こう。

 

サッカー専用ということもあり非常に見やすい。外装もとてもかっこいいしサッカーを見に来たと思わせる構造だ。2階席は見やすいが傾斜がありすぎて少しこわい。

ここのスタジアムは何と言ってもグルメが名物なのだがアウェイ側は隔離されてるのでほとんどその恩恵に預かれない。ホーム側にいる人と協力して密輸を試みる者も多い。アウェイ側のもつ煮も美味しいけどね。

ホーム側に行ったらハム焼きともつ煮はマスト。白いご飯を持っていけばさらに楽しめると思われる。

 

2017シーズンよりホーム席とアウェイ席が入れ替わる。アウェイサポはバス降り場から遠い北側になるので注意が必要だ。

 f:id:sanfreccecarp:20161225103035j:image

f:id:sanfreccecarp:20160508213548j:image