アウェイ遠征を楽しもう的なスタジアムガイド

アウェイサポーターが初めて行く時に少しでも参考になればと思って作りました。野球場も追加。

スタッド・オーギュスト・ドローヌ Stade Auguste-Delaune

f:id:sanfreccecarp:20180324095307j:image

フランスのシャンパーニュ地方のクラブ、スタッド・ランスのホームスタジアム。スタッド・ランスは過去に6回リーグ優勝を果たしたことのある名門クラブでフィリップ・トルシエ元日本代表監督が現役時代を過ごしたクラブでもある。

 

アクセスは国鉄駅のGare de Reimsから徒歩で25分ほど。川を渡るので橋の位置に注意が必要。またトラムで川を渡った最寄りの駅まで行ってそこから歩く方法もある。世界遺産ノートルダム大聖堂からは徒歩で15分くらいなので観光しながらでも十分である。

f:id:sanfreccecarp:20180328165943j:image

スタンドは全座席屋根付きでイングランド型の2層式。臨場感はあるが端に座ると反対側のコーナー付近は見えないことに注意。身体検査、手荷物検査は入場ゲートの手前で行われていて、当日券売り場も身体検査の先にあった。

f:id:sanfreccecarp:20180328170027j:image

f:id:sanfreccecarp:20180328165652j:image

f:id:sanfreccecarp:20180328171423j:image

 

パルク・オリンピック・リヨン Parc Olympique lyonnais

f:id:sanfreccecarp:20180324094610j:image

オリンピック・リヨンのホームスタジアム。ネーミングライツ獲得でグルパマスタジアム(Groupama stadium)となっている。2016年にオープンした収容人数60000人規模の最新型のスタジアムでUEFAのカテゴリー4と最高評価を得ている。ユーロ2016の会場にもなり、2017-18シーズンのUEFAヨーロッパリーグの決勝戦の舞台となった。周辺にはオリンピック・リヨンの練習施設も完備されている。

 

アクセスは街の郊外にあるため良くはない。トラムの3番線Décines Grand Largeから徒歩で20分ほどだが、試合日には国鉄のリヨン・パールデュー駅から少し南に行った所からスタジアム近くまで臨時のトラムが出ている(パールデュー駅で案内板が出ているのでまっすぐ進めば良い)。所要時間は20分くらい。試合のチケットを買う際にトラムのチケットも一緒に手に入れることができる(無料)。帰りは混雑するがどんどん出ているので割とすぐ乗れるが試合終了からパールデュー駅まで戻るまで1時間ほどは見ておいた方が良いだろう。

f:id:sanfreccecarp:20180327022854j:image

f:id:sanfreccecarp:20180327022924j:image

立派なグッズショップも併設されている。グッズショップに入る時も手荷物、身体検査があった。街の中心部にもグッズショップはありそこで試合のチケットも購入できる。

f:id:sanfreccecarp:20180327023025j:image

軽い食事も売られている。現金は使えなかったので注意。

f:id:sanfreccecarp:20180327023333j:image

f:id:sanfreccecarp:20180327023435j:image

f:id:sanfreccecarp:20180327023508j:image

メルセデスベンツアレーナ

f:id:sanfreccecarp:20180313050013j:image

ドイツ南部の都市、VfBシュトゥットガルトのホームスタジアム。昔はゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンと言った。元々は陸上競技場だったが改修され収容人数60000人規模の立派なサッカースタジアムとなった。1974年、2006年のW杯の舞台でもある。

 

アクセスはシュトゥットガルト中央駅からSバーンのStuttgart Neckarparkから歩いて10分ほど。試合日にはUバーンがスタジアム近くまで出ているのでこちらの方が便利。終点のNeckarPark (Stadion)下車。SバーンUバーンどちらも駅までの所要時間は10分ほど。ブンデスリーガでは試合のチケットがそのまま市内交通の切符となっているので利用しよう。クラブによって違うみたいだが、シュトゥットガルトの場合はキックオフ3時間前から使えたがみんなそれ以前から普通に乗っていた。帰りは混雑するがUバーンはどんどん来るので試合終了から1時間くらいで中央駅に戻れた。

f:id:sanfreccecarp:20180327141321j:image

f:id:sanfreccecarp:20180327141234j:image

スタジアム隣にはグッズショップも。なぜかワインボトルやバーベキューの道具まで売られていた。

f:id:sanfreccecarp:20180327020931j:image

スタグルに関しては簡単なものがあるが、さすがはドイツでビールとソーセージに関しては間違いない。ケチャップとマスタードはかけ放題だ。カップはデポジットになっていて返却すると2ユーロ戻ってきたのでビールは実質3ユーロくらいだった。

f:id:sanfreccecarp:20180327021132j:image

f:id:sanfreccecarp:20180327142832j:image

f:id:sanfreccecarp:20180327021427j:image

パルク・デ・プランス Parc des Princes

f:id:sanfreccecarp:20180313045924j:image

フランスを代表するクラブ、パリ・サンジェルマンのホームスタジアム。収容人数は48000人ほど。直訳すると「王子たちの公園」となる。パリには98年のW杯の時にできたスタッド・ド・フランスというフランス最大のスタジアムがあるがパリ・サンジェルマンは変わらずこちらのパルク・デ・プランスを使用している。

 

アクセスについてはメトロの9番線Porte de St-Cloudから徒歩で5分、10番線Porte d'Auteuilから徒歩で10分ほど。またバス停のPorte de St-Cloudからも5分で行ける。パリはメトロと並んでバスが充実しているのでとても便利(切符は共通)。帰りも四方八方に人がばらけるのでそこまで混雑した印象はなかった。

 

元々は自転車競技場で楕円型のスタジアムを何度か改修を重ねているので歪な構造となっている。球技専用ではあるけれどゴール裏とピッチの間は距離がある。座席は割とチープな作りで前との間隔も狭いが、基本的にヨーロッパの人たちは手ぶらでサッカー観戦に来てなおかつ試合開始直前に来るので席に関してはあまり気にしないのかもしれない。ちなみにWi-Fiは入っていて便利。

f:id:sanfreccecarp:20180327013250j:image

隣にはラグビーでも使用する競技場があり、そこにグッズショップが併設されている。シャンゼリゼ通りにもショップはあるがこちらの方が品数は豊富。こちらのショップは入口と出口が完全に分かれていることが多くて知らずに出口から入ろうとしたらガタイのいいお兄さんに止められた。

f:id:sanfreccecarp:20180327013632j:image

チケットはについて受け取り方法は色々あるがQRコードスマートフォンに保存しておくのが便利。入場の際に専用の読み取り機があるのでそこにスキャンさせれば控えがもらえる仕組みになっている。

f:id:sanfreccecarp:20180327013905j:image

場内には軽食が売られている。アジアンコーナーなるものがあったので興味がある方はぜひ試してはいかがでしょうか。

f:id:sanfreccecarp:20180327014131j:image

f:id:sanfreccecarp:20180327013846j:image

スタッド・ヴェロドローム Stade Vélodrome

f:id:sanfreccecarp:20180313045826j:image

フランスの名門クラブ、オリンピック・マルセイユのホームスタジアム。何度か拡張する間にまるでドームのような形になってしまった。収容人数は60031人とフランス国内ではパリのスタッド・ド・フランスに次ぐ規模。またネーミングライツを獲得しオレンジ・ヴェロドローム(Orange Vélodrome)となっている。1938年、1998年のW杯の舞台になり、また4度のラグビーW杯でも使用された歴史のあるスタジアム。

 

アクセスはメトロの2号線Rond-Point du Pradoから歩いて5分ほど。もしくは終点のSte Marguerite Dromelからでも行ける。バックスタンドの席なら終点まで行ってしまった方がいいかもしれない。2号線は国鉄駅のGare Marseille Saint-Charlesも通っていて所要時間も10分ほどと抜群のアクセスと言える。切符はメトロ、バス、トラム共通で1日乗車券もあるので有効活用したい。帰りはとても混雑するが中心部まで歩けない距離ではない。

f:id:sanfreccecarp:20180323150026j:image

グッズショップも併設されている。旧港の近くにもオフィシャルショップはあるがスタジアムの方が品揃えが良かった。

f:id:sanfreccecarp:20180324124955j:image

マルセイユのサポーターはかなり熱狂的な方で、観戦した試合はヨーロッパリーグのラウンド16だったがメトロの駅を降りたら発煙筒の煙で涙が出て来たし目の前で爆竹が破裂したりして正直ビビってしまったが、周りの女性も子どもも避難する感じではなかったのでこれが普通なのだろう。

f:id:sanfreccecarp:20180324125425j:image

スタッド・ミシェル・ドルナーノ Stade Michel d'Ornano

f:id:sanfreccecarp:20180323141718j:image

フランスのノルマンディー地方にあるSMカーンのホームスタジアム。収容人数は2万人規模のサッカー専用スタジアムで屋根付き、スタンドは2層式になっている。Jリーグにもこういうスタジアムが増えればなと思わせるスタジアム。

 

アクセスはカーン駅(gare de caen)から街の中心部に移動して(トラムで5分、徒歩で20分ほど)そこから2番のバスの終点Venoix、もしくは8番のバスのStade d’Ornanoからすぐ。徒歩では中心部から約40分とカーンの街並みを散策している間に着くくらいなのでこちらを選択しても良いと思う。

 

f:id:sanfreccecarp:20180323144910j:image

入場時には手荷物検査と身体検査がある。Jリーグのように大きな荷物は持ち込めないので注意。外国語で説明するのも面倒だと思われるので最低限の荷物のみにしたい所。ちなみにカメラは小さいミラーレス一眼なら持ち込めた。レンズは一番コンパクトなもので望遠レンズはどうなるかは不明。

f:id:sanfreccecarp:20180324014139j:image

スタグルはホットドッグやフライドポテトなど簡単なものは売られていた。ヨーロッパは基本的にそうだが観客がスタジアムに入るのは試合直前であることが多くそれまで周辺のカフェなどで飲んでいることが多い。

f:id:sanfreccecarp:20180324014436j:image

f:id:sanfreccecarp:20180324014503j:image

 

神戸総合公園ユニバー記念競技場

f:id:sanfreccecarp:20171121212422j:image

 

ヴィッセル神戸の準ホームスタジアム。ヴィッセルのホームゲームは基本的にはノエスタで開催されるがノエスタの芝の状態が悪いなどの時はこのユニバー記念競技場で開催される。

 

アクセスは神戸市営地下鉄西神・山手線の総合運動公園駅から徒歩5分。駅を出ればすぐ見える距離にある。西神・山手線は新幹線の新神戸駅から直通で行けるのでアウェイサポーターにとっても便利。ちなみに駐車場は豊富なので車で来る人が多い。

 

かつての国立競技場に近いスタジアムで、すり鉢状の構造なので陸上競技場の中では見やすい部類。屋根はメインスタンドの一部のみで座席は基本的にはベンチシートとひと昔前の競技場だと思っておいた方がよい。

 

近くにコンビニはあるが試合当日はものすごく混雑するのであらかじめ調達しておいた方がいいかもしれない。

 

f:id:sanfreccecarp:20171121213320j:image